ラセック

レーシックを受けられない人

次に列挙しているような条件に該当する人は、レーシックを受けられない場合があります。
しかし、クリニックの備えている条件の違いや患者の症状によってはレーシックを受けられる場合・技術や機器の進歩で受けられる場合もありますので、自分で判断せず専門医への相談や事前検査をおすすめします。

1つ目は視力に問題がある人です。
近視度数が-14Dまたは乱視度数が-6.0Dより強い人はレーシックを受けられません。
また、眼球成長過程の18歳未満の若年者や近視が進行中の人、老眼の人や60歳以上の高齢者も受けられません。

2つ目は角膜に問題がある人です。
角膜が薄い人(レーシックで角膜を削った残りが280μm以下になる可能性がある場合)、角膜の炎症や病気のある人もレーシックを受けられません。

3つ目は眼に疾患のある人です。
白内障、緑内障、網膜疾患、視神経障害など眼の病気の人や角膜疾患を起こす恐れのある薬を服用中の人もレーシックを受けられません。

4つ目は全身性の慢性疾患のある人です。
対象になる慢性疾患とは糖尿病、肝炎、膠原病、アトピーなどです。
なお、花粉症による目のアレルギーば問題ありません。

5つ目は上記以外の「妊娠中、授乳中の人」「パイロットのように手術を許可されていない人」「ボクシングのような眼に激しい衝撃を受ける可能性のある人」も、レーシックを受けられません。


このページの先頭へ