ラセック

レーシックによる治療・矯正の可能性

レーシックによる治療・矯正の可能性には個人差があります。
したがって「だれでもがここまで視力を治療・矯正することがが可能」と断言することはできません。
しかし一般的には「メガネやコンタクトレンズを使用することで矯正できる範囲内にまで、治療・矯正することが可能である」と言われています。
ですから、メガネやコンタクトレンズを使用することで1.5まで視力を矯正できる人は、レーシックによって1.5まで視力を回復できると言えるようです。

レーシックによってどの程度までの視力に回復する可能かあるかは、通常時の裸眼視力の度数ではなく眼の角膜の厚さに関係があります。
厚さが十分にあれば1.5~2.0といった高い視力にまで回復の可能性がありますが、角膜の厚さが不十分であれば1.0位までしか回復させることができない場合もあると言われます。

かつては、角膜が薄い人はレーシックを受けることができないとされてきました。
しかし近年は、従来よりもはるかに薄く角膜を剥離してフラップを作れるようになったことから、角膜が薄いことでレーシックを受けることができないという問題はなくなりつつあります。
また、視力がどの程度まで回復する可能性があるかはクリニックで検査を受ければある程度明確になりますから、その検査を受けてからレーシックを受けるかどうかを考える必要があるでしょう。
気になるレーシックの保険適用と金額についても参考にご覧ください。


このページの先頭へ