ラセック

レーシックに危険性や後遺症はないの?

レーシックの安全性は高く世界的にみても重篤な後遺症や事故報告はありません。
しかし人が行うのですから、「絶対に安全」と言いきることはできません。
ここでは、レーシック手術の危険性や後遺症の可能性を見ておきましょう。

レーシックで一番の危険性は、手術の失敗による失明でしょう。
しかしレーシックが始まって今日まで、失明に至る失敗は一度も発生していません。
しかし手術の失敗ではなく期待どおり視力が回復しなかったりすぐ元の視力に戻ったりといった事例は発生しており、再手術を受けることで回復しています。

2つ目の危険性は感染症でしょう。
わが国では2009年にレーシックを行っていた眼科で、衛生管理の基本ができていなかったことで集団感染が起きました。
それ以降、各クリニックでは日本眼科学会の講習を受けて適切な衛生管理が行われており、感染症の可能性はほぼ無くなった、といえるほど低くなっています。

3つ目の危険性は事故です。
実際に起きた事故は、角膜の削り過ぎや水晶体を傷つけたケースです。
しかし、眼科専門医がいるクリニックであればすぐに適切な対応ができますので、さほど心配はありません。

次に後遺症の代表例としてはドライアイ・ハロー・グレア・近視の再発などを挙げられますが、時間の経過や再手術によって改善・回復するといわれます。
また、緑内障や角膜拡張症が発症する可能性はありますが、適切な治療や再手術で改善できます。
気になるレーシックのアフターケアについての記事も参考にご覧ください。


このページの先頭へ