ラセック

レーシック後は、光がまぶしく見えるようになるって本当?

レーシックの術後に、日中に太陽が眩しく感じたり夜間にライトの光が強くまぶしく見えたりする現象が発症する場合があります。
これは「グレア現象」と呼ばれるレーシック手術の合併症の1つで、一方の目だけではなく両方同時にその症状が現れることが多いようです。

グレアを感じる程度には個人差がありますがほとんどの人が感じると言われており、通常の場合は時間の経過とともにに改善して手術後3カ月から半年程度で気にならないレベルになります。
レーシックではレーザーで角膜を削って再びフラップを元に戻しますが、グレア現象は、このフラップの切断面やフラップがズレた部分で光が乱反射して起こると考えられています。

また、瞳孔は網膜に入る光の量を調整する役目があり、明るいところでは小さく、暗いところでは大きくなります。
その際に開く瞳孔の大きさを暗所瞳孔径と呼びまが、この直径がレーシックの手術で切除された大きさを超えた場合にグレア現象が起こるとも言われます。

従来のレーシックに比べてイントラレーシックのほうが切断面の滑らかなフラップを作成できることから、グレア現象は起こりにくと言われます。
しかし、グレアは夜間に明るいものを見るときに起る現象ですから、夜間に車を運転したり作業を行ったりする人は、術前に専門医への十分な相談が必要です。


このページの先頭へ