ラセック

レーシック手術と白内障手術の違いは?

白内障は、目の中にある水晶体というカメラのレンズに当たる部分が白く濁ってくる病気のことです。
白内障になるとカスミやボヤケた視界になったり眩しさを感じるようになったりして、日常生活に支障をきたすようになります。
白内障の進行は目薬や飲み薬で遅らせることはできますが、重度になると、現時点では手術以外に治療方法がありません。
その手術が、「白内障手術」と「レーシック」の2つです。

白内障手術は、濁った水晶体を超音波で砕いたりそのまま摘出したりし、代わりに人工水晶体と呼ばれる眼内レンズに置き換えるのが一般的です。
現在の主流は「水晶体超音波乳化吸引術」という手術で、角膜のわきに開けた小さな穴から人工の眼内レンズを挿入します。
10~20分程度ですむ手術で、多くの場合、手術は局所麻酔をするだけで行われます。

レーシック手術は白内障治療だけではなく同時に老眼も補正する手術で、バイフォーカルIOLやアコモダティブIOLと呼ばれる白内障眼内レンズを使用した2種類の方法があります。
レーシック手術を受ければ白内障が治りますし老眼も矯正されるのでメガネも不要になるメリットがあります。
なお、このレーシックの欠点としては、保険が適用されるのは白内障手術の範囲内で、それを超えた部分については保険が適用されなくなることで費用が高くなることでしょう。


このページの先頭へ