ラセック

レーシックを受けると眼圧が低くなるの?

眼圧は、レーシックの手前と術後では術後の方が低くなります。
しかし、確かに数値上は低くなるのですが実際に低くなっているのではなく、レーシックを受けると見かけ上低く測定されてしまうのです。

目の中には、血液の代わりに循環して角膜や水晶体などの組織を維持・機能させる「房水」という液体があります。
眼圧とは、この房水の圧力値のことをのをいうのです。
眼圧の測定法には「ゴールドマン眼圧計」などを使用して目に直接触れてその硬さで測定する方法と、空気を目に当てて測定する「非接触眼圧計」を使用する2種類があり、一般的には非接触型眼圧計で測定されています。

この非接触型眼圧計には、1つだけ欠点とも言うべき特性があります。
それは、測定値が角膜の厚さによって影響を受けることです。
具体的には、角膜が厚いと眼圧が高くなり薄いと低くなるのです。
このことが、レーシックを受けると眼圧が低くなるといわれる原因になるのです。

レーシック手術は角膜を削ることで屈折率を変えて視力の回復させる手術ですから、角膜の厚みは、術前よりも術後の方が薄くなります。
そのためレーシックを受ける前と後では角膜の厚みに違いがあり、角膜の薄くなったレーシックの術後の眼圧は低くなるのです。
これはあくまでも見かけ上の結果ですから、実際の眼圧に変化があった訳ではありません。


このページの先頭へ