ラセック

将来、白内障・緑内障・網膜剥離手術などは受けられますか?

レーシック手術を受けている場合でも、将来、「白内障」「緑内障」「網膜剥離」の手術を受けることに何の問題もありません。
なお、それらの手術を受ける際には、過去にレーシックを受けていることを担当医に伝えることで、それぞれの手術を円滑に進めるられます。

白内障手術は、濁った水晶体の中身を吸い出して水晶体嚢の中に眼内レンズを移植するものです。
しかし、レーシック術後の眼は眼内レンズの度数決定が難しいことから、目標視力にズレが生じる可能性があると言われます。
そこで、レーシック手術の際の患者のデータを参考にすることで、眼内レンズの度数決定などを円滑に行う方法がとられるのが一般的です。
こうしたことがありますのでレーシック手術を受ける際は、自身のデータを大切に保管しておきたいものです。

緑内障の手術は手術や治療する部位がレーシック手術の場合とは異なりますから、過去にレーシックを受けているか受けていないかはまったく関係ありません。
通常どおりの緑内障の手術を受けることが可能です。

網膜剥離の手術は剥離してしまった網膜の手術で、角膜の屈折を変える手術のレーシックとは異なった場所の手術です。
レーシック手術を行った事によって網膜剥離の手術、治療が行えないといった問題は発生することはありません。


このページの先頭へ