ラセック

視力の左右差があってもレーシック手術できますか?

結論からいいますと、視力に左右差があってもメガネやコンタクトレンズで左右差を矯正できているのであれば、レーシック手術を受けられます。
レーシックはレーザーで削る角膜の量を調節することで視力の矯正を調整する手術です。
事前に両目の視力や角膜の状態、矯正に必要な左右それぞれの角膜の削る量を検査のうえで手術計画を決定します。
それにもとづいて、左右それぞれにふさわしいレーザーの照射が行われるのです。

左右で差があるこのような視力のことを不同視と言い眼精疲労やめまい、頭痛や肩こり、さらには胃腸や精神神経疾患などの原因になるケースがあります。
かつては不同視の矯正はメガネやコンタクトなどで行われるのが一般的でしたが、レーシックの機器や技術の進歩で手術することの不安が少なくなってきていることもあり、近年、レーシックで不同視を矯正する人が増えてきていると言われます。

なお、視力が左右で極端に差がある場合には、注意が必要だと言われています。
レーシック手術後もどちか一方の視力に負担をかけていることから視力の戻りが起こり、また視力差が生じてしまうようなケースがあり得るのです。
しかし、こうしたトラブルは検査によって十分予測できるものですから、事前検査の段階で専門医へのしっかりとした相談をおすすめします。

このページの先頭へ